山間地のジオサイト

蓮華 噴気帯と氷河がつくった湿原

概要

 中部山岳国立公園の北端部に位置し、1902(明治35)年に、山崎直方(東大教授)によって、わが国最初の氷河地形が確認されたところです。氷河によってできた湿原や湖沼があり、兵馬平湿原では、初夏~秋にかけて高山植物の花々を観察できます。

 度重なる崩落によってできた非対称山稜も見事です。平成19年の小蓮華山の崩落は、非対称山稜を形成する長い地殻変動のほんの一瞬のできごとで、山頂が3m低くなりました。蓮華温泉の蒸気噴出帯では、北アルプスの山並みを眺めながら露天風呂を楽しむことができます。

 鉱山道沿いには、蓮華鉱山(江戸期-大正期)の事務所跡・製錬所跡・坑口などが残ります。鉱山道は、昔の白馬岳への登山道でした。日本アルプスを海外に紹介したウォルター・ウエストンもこの道を歩き、白馬岳へ登りました。途中、蓮華鉱山の鉱夫から、鉱石はものになるかと質問されたという記録が残ります。1894(明治27)年のことでした。

概要を閉じる
朝日岳 氷河の痕跡 抗口 雪倉岳 白馬岳 製錬所跡 白馬大池火山 栂海(つがみ)新道ジオサイト 兵馬平(へいまのたいら)湿原 露天風呂 白池(しろいけ) 鉱山事務所跡 蓮華(れんげ)温泉ロッジ

1.兵馬平湿原へいまのたいらしつげん


蓮華の森自然歩道 兵馬平湿原

 蓮華温泉の西側にあり、運ばれてくる土砂で浅くなり、湿原が小さくなってきています。初夏~秋にかけて、たくさんの高山植物を観察することができます。

2.露天風呂


露天風呂「仙気の湯」

 蓮華温泉ロッジから15分ほど登ると、標高1,550mのところの噴気帯に露天風呂があります。アルプスの大パノラマを眺めながらの入浴は、他でなかなか味わうことができません。

3.白池


白池

 白馬大池火山から出た溶岩流のくぼ地にできた池で標高1,090mにあり、南北450m、東西250mのだ円形をしています。水深は5m以下で、水面にうつる山がたいへん美しい池です。

4.鉱山跡

江戸時代~大正時代にあった蓮華鉱山の製錬所跡、坑口などがあります。ウォルター・ウェストンも、1894(明治27)年に蓮華温泉から鉱山を通って白馬岳に登っています。


製錬所跡

蓮華の森自然歩道


蓮華の森自然歩道 カモシカ展望台

 兵馬平湿原をめぐることのできる歩道です。木道を歩くハイキングを楽しむことができます。

蓮華温泉ロッジ

 雲上の露天風呂は、昔から「蓮華の七湯」といわれ、北アルプスを眺めながらの温泉めぐりが楽しめます。露天風呂をご利用の際はロッジでの受付をお忘れなく。


蓮華温泉ロッジ

ウォルター・ウェストン


ウォルター・ウェストン像
→親不知ジオサイト

 イギリス人宣教師であり登山家のウェストン氏は、日本の近代登山の父と呼ばれています。明治~大正のはじめに日本を訪れ、各地の名山を登山しました。

蓮華ジオサイトへの行き方

出発地: 目的地:
Mode of Travel:

ルート情報注意事項

近くの温泉情報

■蓮華道温泉・・・白馬岳蓮華温泉ロッジ
*3月下旬~10月中旬営業・車の通行は6月下旬~10月中旬

蓮華で開催されるイベント

開催日 イベント名 開催場所
5月下旬 木地屋の里山菜祭り 木地屋の里
8月上旬 日本一のお花畑 白馬・小蓮華縦走登山 白馬岳~蓮華温泉
10月中旬 木地屋の里きのこ祭り 木地屋の里

>>糸魚川市年間イベント一覧
※イベントの詳細は糸魚川市ホームページをご覧下さい。