ヒスイに関係の深いジオサイト

青海海岸 縄文人のヒスイ海岸

ジオサイト地図
概要

 ヒスイを山岳地域から運んでくる二つの主要河川、姫川と青海川の間に青海海岸があります。この海岸は砂利浜であり、ヒスイをはじめ多種多様な手標本サイズの岩石を観察でき、岩石学習には最適の海岸です。

 寺地遺跡(国記念物・史跡)に住んだ縄文人は、海岸からヒスイを拾い、加工して、長者ケ原遺跡に住んだ人々とともに世界最初のヒスイ文化の担い手となりました。遺跡からは、ヒスイ原石、ヒスイ製玉類未製品などが出土し、ヒスイ工房であったことが確認されています。今は、住居1棟が復元され、縄文時代の樹木も植栽されて遺跡公園となっています。出土品は、青海自然史博物館で公開されています。青海海岸では、縄文人のヒスイ探しを追体験できます。

 須沢臨海公園では、40mの長いスベリ台、芝生広場、ストリートバスケット場、スケートボード場、パターゴルフ場(18ホール)があり、家族で楽しめ、海が紅く染まる夕日を眺めることもできます。

概要を閉じる
塩の道(西回り) 青海(おうみ)海岸 寺地(てらじ)遺跡 ラベンダービーチ 須沢臨界青海(おうみ)シーサイドパーク 田海ヶ池(とうみがいけ) 7.マイコミ平ジオサイト

1.青海海岸おうみかいがん

青海海岸

姫川と青海川の間にある海岸です。この2つの川が、ヒスイをはじめとするたくさんの石たちを運んできます。
また、この海岸は砂利浜なので、さまざまな岩石を観察することができ、岩石学習には最適です。

2.寺地遺跡てらじいせき

 縄文時代中期~晩期の集落跡です。ヒスイの玉作りの様子などをうかがうことができる遺跡で、ヒスイ原石やヒスイ製玉類の未製品などが出土し、ヒスイ工房であったことが確認されています。今は、住居1棟が復元され、縄文時代の樹木も植栽されて遺跡公園となっています。
ヒスイの他にも石器や土器片、骨片などたくさんの遺物が出土しています。


発掘された住居跡

復元された住居跡

3.ラベンダービーチ


 ラベンダー色のヒスイが見つかることからこの名が付けられました。膨大な小石からなる海岸と、きれいにすみきった海が特徴です。ヒスイ以外にもいろいろな石を見つけることができ、石探しにもおすすめのポイントです。

4.須沢臨海公園・青海シーサイドパーク

 須沢臨海公園は、オートキャンプ場やパターゴルフ場や40mもの長いすべり台などがあり、遊び・くつろぎ・憩いの場として幅広くご利用いただけます。
また、隣接する青海シーサイドパークは芝生広場やドーム付き休憩施設などがあります。

田海ヶ池(とうみがいけ)

田海ヶ池

 山に囲まれた池です。中心に湧き水があり、水はとてもきれいに保たれています。とても恵まれた自然環境にあるため、生育する水生植物の種類は豊富です。また、平成10年にはおよそ48種類ものトンボが確認され、たいへん貴重なトンボ生息の宝庫とされています。

関連リンク:田海ケ池環境保全活動

青海海岸ジオサイトへの行き方

出発地: 目的地:
Mode of Travel:

ルート情報注意事項

青海海岸で開催されるイベント

開催日 イベント名 開催場所
1月15日 青海の竹のからかい 青海駅前本町通り
4月上旬 おうみ観桜会 青海総合グラウンド周辺
6月第3日曜日 ヒスイの里 山岳マラソン 青海中学校~大平峠
7月下旬 おうみ祭り、大花火大会 青海シーサイドパーク
10月下旬 田海川サケ祭り 田海川河口

>>糸魚川市年間イベント一覧
※イベントの詳細は糸魚川市ホームページをご覧下さい。