山間地のジオサイト

マイコミ平 ドリーネ群と鉱山植物

ジオサイト地図
概要

 マイコミ平は、青海石灰岩からなる黒姫山(1222m)の南部に位置する溶食凹地 (ポリエ)です。一帯には、ドリーネ・ポノール・竪型洞窟などのカルスト地形が発達します。周辺の石灰岩地帯は、1000mほど隆起した結果、特異な深度をもつ数百メートルにおよぶ竪型洞窟ができました。白蓮洞(深度513m、日本一)、千里洞(深度405m、第二位)などがあり、深度第4位までが、マイコミ平にあります。マイコミ平で吸い込まれた水は、約3.5km下流の福来口鍾乳洞で再び吐き出され、田海川となって日本海に注ぎます。マイコミ平から福来口鍾乳洞までは、田海川は伏流し涸れ沢となっています。

 多雪地域でもあるので、ドリーネの底には雪が残り、周囲は夏でも冷気につつまれ、氷河期の環境を残しています。ドリーネの底に向かって下がっていくと高山植物が現れるという、逆の現象が起こり、標高2500m級の高山植物の群落が見られます。マイコミ平へは、入山許可が必要です。

概要を閉じる
千里洞(せんりどう) 白蓮洞(びゃくれんどう) 銀蕗鉢(ぎんぶきばち) 大マイコミ 浄土門 黒姫山 小マイコミ マイコミ平 新マイコミ 通天洞

千里堂
(堅型洞窟、深さ405m)

白蓮洞
(堅型洞窟、深さ513m)

マイコミ平

黒姫山

マイコミ平ジオサイトへの行き方

出発地: 目的地:
Mode of Travel:

ルート情報注意事項