ヒスイに関係の深いジオサイト

小滝川ヒスイ峡 ヒスイのふるさとと明星山の大岩壁

ジオサイト地図
概要

 小滝川ヒスイ峡(国天然記念物)は、昭和14年に確認された日本最初のヒスイ産地であり、ヒスイの発見は、考古学・宝石学の分野へ大きな影響を与えました。日本各地の遺跡から出土するヒスイの由来を決定した重要な発見であり、また、糸魚川の「ヒスイのふるさと」のはじまりでもありました。

 ヒスイ峡に迫る明星山の大岩壁は、約3億年前のサンゴ礁が変化したもので、サンゴやウミユリなどの多くの化石を含んでいます。天気のよい日には、ロッククライマーたちが、岩壁を登っています。大岩壁の下では、小滝川の清流に洗われたヒスイが観察できます。白い岩壁をキャンバスにした季節ごとの葉の色の変化は、ヒスイ峡の魅力の一つです。

 赤禿山の地すべりで生じた高浪の池には、「浪太郎」と呼ばれる巨大魚が住んでいると言われています。池の背後には、大正から第二次大戦後にかけて採掘された小滝炭鉱の鉱山遺跡があります。高浪の池では、釣りや散策、食事を楽しむことができます。

概要を閉じる
展望台 大岩壁 明星山(みょうじょうさん) 小滝川ヒスイ峡 高浪の池 ヒスイ峡フィッシングパーク 小滝炭鉱跡

1.明星山みょうじょうさん


明星山大岩壁を登る
ロッククライマー

 明星山は、約3億年前のサンゴ礁が移動してできた石灰岩の山です。小滝川ヒスイ峡にそそり立つ南壁は、小滝川から約450mもの高さがあり、上級者向けのロッククライミングの名所となっています。

2.小滝川ヒスイ峡


小滝川ヒスイ峡

 姫川の支流・小滝川の明星山に、大岩壁が落ち込んだ河原が天然記念物「小滝川硬玉産地」です。小滝川ヒスイ峡と呼ばれ、ヒスイのふるさと糸魚川を代表するヒスイの産地として、市民や観光客など多くの人に親しまれています。

昭和初期までは、日本の遺跡から見つかるヒスイも外国産だと考えられていましたが、1938(昭和13)年に、日本で初めて小滝川でヒスイが見つかりました。現在では、日本の遺跡から見つかるヒスイは、すべて糸魚川地方から産出したものとされています。

3.高浪の池たかなみのいけ


高浪の池と明星山

 標高540mにあり、赤禿山の地すべりでできた池です。巨大魚の伝説がある池としても有名です。キャンプ場やグラウンドゴルフ場、食堂、土産物屋、化石の展示室などもあり、どなたでも楽しむことのできるスポットです。

4.ヒスイ峡フィッシングパーク


 川の流れを引き込んだ人工の渓流で、初心者でも気軽に渓流釣りの気分が味わえます。釣り場には、イワナ、ニジマス、ヤマメが泳いでおり、釣りを楽しんだ後は、釣った魚をその場で焼いて食べることができます。

小滝炭鉱跡

 明治時代から1951(昭和26)年まで赤禿山の北東斜面で石炭の採掘が断続的に行われていました。とくに大正時代と第二次世界大戦後の時期に鉱山として栄えました。今も、坑口や選炭所の跡が残っています。

明星山の生物

明星山で、新種のカタツムリで絶滅危惧種でもあるムラヤママイマイや、美しい枝ぶりと、風雪にきたえられた樹皮で盆栽として人気のある、真柏(ミヤマビャクシン)などが見られます。

土倉沢の化石産地

小滝川支流の土倉沢には、黒色の石灰岩があり、この石は約3億年前の海底のサンゴ礁でできたものです。この石灰岩からは様々な化石が発見されており、2004(平成16)年には日本最古級のサメの歯の化石が発見されました。

小滝川ヒスイ峡ジオサイトへの行き方

出発地: 目的地:
Mode of Travel:

ルート情報注意事項

小滝川ヒスイ峡で開催されるイベント

イベント名 開催場所 開催日
高浪の池オープン 高浪の池 4月下旬
ヒスイ峡フィッシングパークオープン祭り ヒスイ峡フィッシングパーク 4月下旬
高浪の池鯉恋祭り 高浪の池 10月中旬
まるごと小滝ウォーキング 小滝川渓谷 11月上旬

>>糸魚川市年間イベント一覧
※イベントの詳細は糸魚川市ホームページをご覧下さい。