糸魚川ジオパークのあゆみ

Now of Geopark

「ジオパーク」は2000年に生まれたばかりの、まだまだ新しい取り組みです。2015年にユネスコの正式プログラムとなり、世界的に知られるようになってきました。

このページでは、世界ジオパークと糸魚川ジオパークのあゆみを紹介しましょう。

世界のあゆみ

2000(平成12)年
ヨーロッパジオパークネットワーク発足
2001(平成13)年
ヨーロッパジオパークネットワークとユネスコが提携
2004(平成16)年
世界ジオパークネットワークが発足
2007(平成19)年
日本ジオパーク連絡協議会が発足
2015(平成27)年11月
ジオパークがユネスコ正式プログラムに昇格

糸魚川ジオパークのあゆみ

1987(昭和62)年
「フォッサマグナと地域開発構想」を策定
 ※ヒスイやフォッサマグナなど特徴的な地質資源を地域振興に活用

「フォッサマグナと地域開発構想」表紙

糸魚川-静岡構造線の断層露頭
1990(平成2)年
フォッサマグナパーク(断層露頭)を整備
1991(平成3)年
市内の地質見学地の呼称を「ジオパーク」と命名
1994(平成6)年
フォッサマグナミュージアム オープン
1996(平成8)年
青海自然史博物館 オープン
2005(平成17)年3月19日
糸魚川市、能生町、青海町の1市2町が合併、新糸魚川市が誕生
2007(平成19)年9月
世界ジオパークを目ざす意思を表明
2008(平成20)年12月

日本ジオパーク認定を喜ぶ関係者
糸魚川など7地域(洞爺湖有珠山、アポイ岳、南アルプス、山陰海岸、室戸、島原半島、糸魚川)が日本ジオパークに認定
2009(平成21)年7月12日~15日
世界ジオパーク認定審査

能生の白山神社を視察

2009(平成21)年8月22日
日本最初の世界ジオパークに認定
世界ジオパークネットワークに加盟(中国:泰山ジオパーク)
糸魚川ジオパーク公式マスコットキャラクター「ジオまる」「ぬーな」誕生

世界ジオパーク認定証

ジオまる(左) ぬーな(右)
2009年11月3日

調印式の様子
香港ジオパークとの姉妹ジオパーク提携
2010(平成22)年8月22日~23日
日本ジオパーク糸魚川大会を開催
2012(平成24)年12月25日~26日

フォッサマグナミュージアム視察
日本ジオパーク再認定審査
2013(平成25年)1月28日
日本ジオパーク再認定
2013(平成25)年7月12日~15日
世界ジオパーク再認定審査

フォッサマグナパーク視察

フォッサマグナミュージアム視察
2013(平成25)年
世界ジオパークに再認定(韓国:済州島ジオパーク)
2015(平成27)年2月14日
糸魚川ジオステーションジオパル オープン
2015(平成27)年3月9日
フォッサマグナミュージアムがリニューアルオープン

フォッサマグナシアター

化石の谷
2015(平成27)年3月14日
北陸新幹線(長野~金沢間)開業
2016(平成28)年11月15日~16日
日本ジオパーク再認定審査

ジオパル視察

ジオパル視察
2016(平成28)年12月9日
日本ジオパーク再認定