糸魚川ジオステーション ジオパル

GeoPal


ジオパルは、家族で楽しめる糸魚川の情報発信基地です。 平成27年の春、糸魚川駅のアルプス口にオープンしました。
館内は大きく「ジオパーク観光インフォメーションセンター」「キハ52待合室」「ジオラマ鉄道模型ステーション」の3つのコーナーに分かれています。

ジオパル俯瞰図

ジオパルってどういう意味?

ジオパークの「ジオ」と、英語で友達や仲間を意味する「パル」を合わせた言葉です。たくさんの応募から選ばれました。

ジオパル = ジオパーク + パル

糸魚川市の中心施設として、「ジオパークやジオラマの輪が、友達や仲間に大きく広がっていく」ように期待が込められています。

所在地 糸魚川市大町(糸魚川駅1階アルプス口)

ジオパーク観光インフォメーションセンター

 糸魚川に初めて来た人は、まずここへ!センター内の映像や展示を見れば、「糸魚川ジオパーク」のことがわかります。観光案内所では、最新の観光情報も入手できます。

営業時間 1月~6月, 10月~12月
8:30~19:00(1月1日休館)
7月~9月
8:30~19:30
入場 無料
インフォメーションセンター俯瞰図

キハ52待合室

 平成22年3月12日まで、大糸線で活躍していた「キハ52」の実車を使った待合室。モニターには、新幹線や在来線、バスの発着時間が表示されていて安心です。また、糸魚川市民鉄道ファンにはたまりません、なじみの深いレンガ車庫の3連アーチ外観も再建築されました。イベントなどの際には、一番左のアーチからキハ52型気動車が引き出されます。

開館時間 1月~6月, 10月~12月
8:30~19:00(1月1日休館)
7月~9月
8:30~19:30
待合室 イベント時、引き出された52

ジオラマ鉄道模型ステーション

 えちごトキめき鉄道やJR大糸線、糸魚川駅あたりをモデルにした大型鉄道模型ジオラマが2セット展示されています。、実際にHOゲージとNゲージの鉄道模型を運転して楽しむことができます。子どもたちに大人気のプラレールも充実。鉄道をさまざまな角度から楽しみ、体験することができます。

開館時間 1月~6月, 10月~12月
【平日】10:00-18:00 
【土日・祝日】9:00-18:30(1月1日休館)
7月~9月
【平日】10:00-18:00 
【土日・祝日】9:00-19:00
ジオラマ料金 30分500円(車両使用料含む)
※車両持込みの場合は30分200円
ジオラマ プラレール