ジオパークとは

 ジオパークとは、貴重な「地質の宝もの」やその地域の自然・文化をまもり、かつ多くの人に知ってもらう・訪れてもらうことを目的としています。

 「ジオ(Geo)」は地球や大地、「パーク(Park)」は公園という意味です。貴重な「地質の宝もの」やその地域の自然・文化をまもり、かつ多くの人に知ってもらう・訪れてもらうことを目的としています。糸魚川市はユネスコが支援する「世界ジオパークネットワーク」の審査を通り、2009年8月、日本で初めての「世界ジオパーク」に認定されました。

 世界ジオパークは、審査基準に基づいて認定された高品質のジオパークで、2015年11月には、ユネスコ総会においてユネスコの正式プログラムとなりました。

 ユネスコ世界ジオパークに認定された地域からなるのが「世界ジオパークネットワーク」です。世界ジオパークネットワークは2004年に設立され、2015年現在、世界には33の国に120の世界ジオパーク認定地域があり、そのうち8地域が日本にあります。

※ユネスコ世界ジオパークについてのユネスコHP(英語)


 各地域にある「宝物」を消滅させないよう守りながら活用し、持続可能な地域発展を目ざすジオパーク活動全体の質を上げ、もっと多くの人に広めるためには、各ジオパーク地域がそれぞれの活動を展開するだけでは十分ではありません。

 世界中のジオパークが互いに協力しあい、先進事例やアイディアの情報交換等を行うなどしてより良いあり方を共に模索していく必要があります。


 そのために行われているのがネットワーク活動で、世界中のジオパークが加盟しているネットワークが、世界ジオパークネットワーク(GGN)、日本中のジオパークが加盟しているネットワークが日本ジオパークネットワーク(JGN)です。世界にはこれらの他、アジア太平洋地域のジオパークの集まりであるアジア太平洋ジオパークネットワーク(APGN)や、ヨーロッパのジオパーク地域の集まりであるヨーロッパジオパークネットワーク(EGN)、各国におけるネットワークなど、多数のネットワークが存在しています。


 GGN、APGN、EGNといった国境を越えたネットワークでは、2年に1回の会議を、JGNは1年に1回日本中のジオパークが集まって会議を開催し、ノウハウの共有、情報交換、各地域の取り組み紹介を行っています。会議以外では、各ジオパークで実務者レベルでのスタッフの交流や、研修の開催、他国のジオパークとの姉妹提携などの活動を展開しています。


 こうした活動を礎に、世界のジオパークはその地域にしかない「地質の宝物」を活用しながら保護や教育活動を展開し、また見学旅行を実施して、1人でも多くの人々にかけがえのない私たちの地球を知ってもらうため日々活動しています。